中 広行    なか ひろゆき
1960年大阪市生まれ
蠍座
臨死体験者
哲学者
ワールド・マクロビオティック・リーダー
神憑りチャネラー
開運カウンセラー
経営コンサルタント

ここで、普通の自己紹介を書いても、読んでいるあなたも面白くないでしょう。
ですから、普通のは(株)北浜コンサルティング・グループの紹介ページに任せて、ここでは本当の自己紹介をしようではありませんか。

私の原点―臨死体験―

私は22歳の時に、アメリカのボストンで一度死にました。

ハーバード・ユニバーシティのキャンパスからほど近く、丘の上にあるマウント・アーバン・ホスピタルで心臓が停止しました。

約7分間の心臓停止状態から息を吹き返しました。
いわゆる臨死体験者です。

多くの臨死体験者が語るように、死後の世界とこの世の境界線は、本当にあります。

私の場合は、三途の川というよりは、分厚いカーテンのようなものが目の前に現れ、不思議と冴え渡った意識の中で、私は向こうへ行きたいのか、行きたくないのかと、自問自答を繰り返していました。

それはまるで、神との対話であり、今思えば、本当の自分との対話であったとも思います。

なぜ、生まれてきたのか?
私は、この人生で何をしたかったのか?
私は何者なのか?
なぜ、こんなことになったのか?

アメリカという異国の地に身一つで渡り、自分の生き方を見失っていた私が出した結論は、「もう一度生きる!」いえ、正確には、「生かせていただきたい!」でした。

どこからともなく、「世の中を変えるなら、よくするなら、救世主の一人となるのなら、命を与えよう」という声が聞こえてきたその時、私は息を吹き返しました。

私はその約束を守るために、もう一度命を授かった人間なのです。
あれから40年近く経ちますが、この日のことを忘れたことはありません。

やっぱり最後に、人生の軌跡も記しておきましょう。

  •  1981年 寿司職人として渡米。後に米国永住権を取得。
  •  1982年 臨死体験。神との対話、本当の自分自身と対話する。
  •  1983年 マクロビオティックの大家である故久司道夫氏に出会い、師事。
  • 1986年 ボストンで玄米のお寿司レストラン「TEC」をオープン。全米に玄米寿司ロールの旋風を巻き起こす。
  •  1988年 ハワイへ移住し、不動産取引士としての資格を取得し、旅行会社、不動産投資コンサルティング会社を設立。
  • 1994年 日本に帰国し、大阪でゴミ拾い活動をスタート。
  •  ラジオ・TV取材を受け、当時の大阪府知事・横山ノック氏の支援も受けて大阪のポイ捨て条例施行に一役買う。
  •  1995年 新大阪に玄米のおすしテックを開店。
  • 1996年 大丸心斎橋店、高島屋難波店、JR天王寺駅エーワンベーカリー、キヨスクJR天王寺駅、森ノ宮駅、大阪駅等に玄米SUSHI ROLLを販売。
  • 1996年 「マクロビ」を商標登録。マクロビオティックを広く世に広める。
  • 2000年 日本で初のクシインスティチュート(KIT)認定校、マクロビクッキングスクールを大阪に開校し、クシマクロビオティックの普及を始める。
  • 2000年〜2013年 マクロビオティックに関するあれこれ
    ・ 全国各地で半断食スピリチュアルセミナーを多数開催。
    ・ 書籍8冊の監修。
    ・ 雑誌の取材協力、テレビ出演。
    ・ レストランを6店舗手掛ける。
    ・ オーガニック、自然食レストランのプロデュース。
    ・ マクロビオティックをテーマとする、新潟県十日町、徳島県美郷町の町おこしを主導。
    ・ 勉強会、ブランディング、イベント、自然食品の開発等多数。
    ・ マクロビフードコンシェルジェの資格制度を創設。
    ・ 愛知万博の公演会に登壇。
    ・ アメリカ、スペイン、カリブ海クルーズ、インド等、海外でもマクロビオティックの公演会を行う。
  • 2013年 それまでのすべてを捨て、インドに失踪。家族、友人、仕事、お金のすべてを捨てて。
  •  インドで、瞑想、ヨガ、マントラの修行を行い、ヨガ、アーユルヴェーダ、インド哲学を体得。
  • インドの人脈に厚く、インドにてゴミ問題をはじめとする環境・社会問題を解決すべく支援、活動を行っている。
  • ヨガとマクロビオティックをベースに、独自のヨギマクロ哲学を確立。
  • 2018年 北浜秘密成功倶楽部の活動を開始。