中 広行    なか ひろゆき

1960年大阪市生まれ

癌退治専門 心理・健康カウンセラー

 

10代の頃から日本料理の道に入り、板前の修業を始め、21歳で寿司職人として渡米。
言葉や習慣、食べ物の違いによるストレスに苦しみ、心臓病を患い、発作で倒れて臨死体験。


その後、マクロビオティックの大家、故・久司道夫氏に出会い、師事。直接マクロビオティックを学ぶ。


26歳でボストンのニューベリーストリートに玄米のお寿司レストランTECをオープンし、全米に玄米寿司ロールの旋風を巻き起こす。


帰国後は、新大阪に玄米のおすしテックを開店。大阪梅田玄米ギャラリー開店。


その後、日本で初のクシインスティチュート認定校、マクロビクッキングスクールを開校し、クシマクロビオティックの普及を始める。

マクロビオティック料理教室は全国各地で開催し、料理教室の卒業生は1,500人以上で、多くの人の開運の扉を開き、成功者を生み出してきた。


医療従事者向けの勉強会、愛知万博、LOHAS CLUB、癒しフェア、アメリカ、スペインなどで講演会多数。

マクロビオティックに関する書籍8冊の監修。
マクロビオティックに関する雑誌『オレンジページ』のムック本に多数取材協力、テレビ出演も多数。
マクロビオティックの講義と料理を解りやすくまとめたDVD「マクロビ・ルネッサンス」も発売。

また、マクロビオティックのレストラン6店舗を始めとするオーガニック、自然食レストランのプロデュース多数。

新潟県十日町、徳島県美郷町の町おこしを行う。

勉強会、ブランディング、イベント、自然食品の開発等多数。

マクロビフードコンシェルジェの資格制度も手掛ける。


 

さらには、インドで、瞑想、マントラ等の修行を行い、東洋の伝統的な思想である陰陽の宇宙観と法則、導引、気功とインド哲学・ヨガ・アーユルヴェーダも完全に理解し、この世の法則を熟知している。

その法則を使って、健康面、精神面、経営、そして人が生きていくうえで必要とするありとあらゆる指導を行っている。

これまでに延べ30,000人以上の指導に携わり、西洋医学では完治が困難とされている病気の改善、生活法の指導やその人の運命についての解説、その人のエネルギーや波動を高め運気をアップさせる指導を行っている。

その卓越した望診と的確な判断には定評がある。

何にも囚われず、その人をその人らしくする彼のカウンセリングは、食事指導という枠を超えて、一人ひとりの能力を最大限に引き出し、自分では知りえなかった内なる魅力を発見させるまでに及ぶ。

 

2021年。

コロナ禍で、病院に行けないために、発見が遅れた癌患者のために、その人自身が無視してしまった心の叫びを聞いて、培ってきたマクロビオティックに基づく食事指導を含め、本来あるべき姿に戻るための考え方の指導、瞑想を通じて本来の自分であり続ける方法の指導を行っている。

何をやっても改善が困難で諦めていた多くの癌患者が彼のもとに押し寄せている。