名声があると手に入るもの

one rule to become rich

 

「お金は生き物である」と言う言葉は、よく聞く言葉です。

お金と言う生き物には善悪はありません。

善悪が在るように見えるのは私たち人間の錯覚です。

 

お金は、様々な理由で、誰かから誰かに移動していきます。

次から次へと移動するわけですが、その様子をしっかりと観察していけば、お金が動いていく理由が解るはずです。

お金が移動していく様子を観察し続けていくと、お金には善悪が無い事が解ります。

もし、お金に善悪があるのであれば、一般的に道徳的に良いとされる職業の人、例えば、学校の先生や看護師や、介護士と言った職業の人のところに、お金は集まってくるはずです。

 

しかし、その人たちがお金持ちであるかと言うとそうでもありません。

逆に、一般的に道徳的に悪い印象の職業の人たちのところにお金は集まらないはずですが、これもまたそうでもないのです。

ですから、人が持つ「お金に善悪がある」と言う概念は、間違っているのです。

 

 

概ね、善悪よりも現実やマーケットの力によってお金は動きます。

私たちの信念や考えは、あまり重要ではありません。

お金が動く法則があるのです。

お金が動き、ある人のところに集まるのはその人が有名だからです。

つまり、名声がお金を呼ぶのです。

 

お金を受け取るのにふさわしいと思える人や団体は存在しています。

正直で、勤勉で、心優しい人は世の中には沢山います。

その人たちは、まるで聖人のように自分のことを犠牲にして、誰かに奉仕しています。

自分たちが例え、お金に困っていても、自分たち以外の誰かがお金を必要としていれば、先にその人たちにお金をあげてしまうような人たちが実際にいます。

しかし、その人たちにはお金はありません。

貧しいのです。

 

こういった事からも、お金は善悪で決まるのではない事が良く解るでしょう。

もし、誰かが強制的にそのお金の流れを変えようと思ったとしても必ず失敗に終わるのです。

権力を使って名声のある人たちからお金をふんだくり、貧しい人たちにお金をあげようとしたとしても、貧しい人たちのところへ行くまでにお金は無くなってしまうか、あるいは、あるべき場所に戻ってしまうのです。

「名声がある、有名人である」というだけでお金はその人のところにやってくるのです。

当然、名声があるからと言って、いつまでもお金が留まるということでもありません。

しかし、確実にお金は有名人のもとへとやってくるのです。

お金が流れる法則を変えることは出来ないのです。

 

お金の法則は難しいものはありません。

決して、お金の法則を拒まない事です。

お金と争う事をやめてお金とうまく付き合うのです。

そうすれば、お金がどうしら良いかを教えてくれます。

お金が自分のところに来るように行動するだけです。

余計なことなど考えないで他の人よりも商品を一つでも多く売ることを考えるのです。

それが、お金持ちになる唯一の条件なのです。

 

 

名声があると手に入るもの

法則に従うということ

お金に嫌われない方法

成功者のやり方