法則に従うということ

豊かさの意識-法則に従うということ

お金を持っていない人たちの中には、「お金が汚い。お金持ちは、悪いやつらだ」と心のどこかで思っている人もいるのかもしれません。

それは、自分が貧しいことに対する言い訳なのです。

自分がお金を作ることが出来ないから、お金を持っていない自分を正当化しているに過ぎません。

前回にも書きましたが、お金は有名人のところに集まるようになっています。

有名人と聞くと、皆さんはどのような人を思い浮かべますか?

政治家、芸能人、作家、音楽家等でしょうか?

こういった人たちは、有名であると同時に多くの人に顔を知られていると言う悩みがあります。

街を歩いていても、家族と休暇を過ごしていても、その人たちを知っている誰かに追い回されることになります。

しかし、このような有名人に誰もがなる必要はありません。

誰もが知る有名人ではなく、ある分野の中では、名の知れている有名人になれば良いのです。

知る人ぞ知る有名人です。

その分野のお客様があなたのことを有名人だと思ってくれさえすれば、良いのです。

あなたのことを有名だと思っている人の方が、思っていない人よりも、あなたに喜んでお金を払い、あなたから何らかサービスの提供を受けてくれるのです。

人は、有名人だから信用してお金を払うのです。

「何故、人は有名人にお金を払うのか?」と考える必要はありません。

それは無意味なのです。

その原因や理由の追求に時間をかけないでお金の法則に従っていくのです。

有名人になれば人は喜んで沢山のお金を支払うのだと言うことさえ解れば良いのです。

お金はどのように動いていくのか?そして、その動きをどのようにしてキャッチ出来るのか?です。

この事が重要なのは、あなたにお金を払ってくれるお客様、顧客について知る事に繋がるからです。

特に知っておくべき事は、その顧客がどのようにして有名人を知り、どのように評価しているかです。

これが理解できていれば、他のビジネスとの差をつける事が出来ます。

そして、顧客の特徴を詳細に知っておく必要があります。

その上で、あなた自身が顧客の価値観と共鳴すれば、その人たちはお金を払ってくれるのです。

名声があると手に入るもの

法則に従うということ

お金に嫌われない方法

成功者のやり方