進化する生き物

中先生の教え

人は日々進化するものです。

進化するものこそ人間と呼べるの
ではないかと思うくらいです。

もしも、あなたが進化しないどころか
退化していたり、現状維持しているんだったら

もう。

人間失格がーん

くらいに思っていた方がいいほどです。

人間の定義として、

思考する動物である。
言葉を使ってコミュニケーションを取る。

それ以外には
日々進化する。

があるかと思います。

 

もちろん他にもあると思いますが。

進化と言うとですよ。

ほら、かつて
猿から類人猿になって
人類になってはてなマーク

だったかなはてなマーク

そんな風に進化したように

私たちは毎日進化しているのです。

どうやって進化しているかって言うとね。

今までできなかったことができるようになる。

例えば、
夕食をつくるのに、
毎日2時間かかっていたのが
1時間で作れるようになった。

とか。

毎日ヨガをしていたら
体が柔らかくなった。

とか。

毎日、ラジオ英会話を聴いていたら
英語が話せるようになった。

とかです。

できなかったことができるようになる。
わからなかったことがわかるようになる。

これってすごく嬉しいことだと
思いませんか?

子どもの時はなんでもそうだった。

九九が覚えられては喜んで。
二重とびができるようになって喜んで。

そんな毎日。

だけど、いつしか。

失敗することが嫌になって、
失敗すると恥ずかしいから。

一回ダメだったら
もう諦める。

おとなになると。

大人になるってなんだか
悲しいですね。

いえ。

ほんとうはそんなことないはずなんです。

できることがどんどん増えて。
行動範囲がどんどん広がって。
無限の可能性を使い切ることが
できるはずなんです。

そうしていないのは、
あなたがあなたに制限をかけているから。

なんですね。

まぁ。
その制限がなぜかかったのかは
また今度お話するとして。

進化ですよ。
進化。

毎日、毎日。

失敗しても。
うまくいかないように見えても。

繰り返し挑むことで
できるようになるはずです。

そのためには、
毎日、自分が朝から晩まで
何を思ったのかはてなマーク
そしてどんな行動をしたのかはてなマーク

を振り返る必要があるんです。

振り返ってみて。

あ、あの時
Aちゃんにこれを言ったらよかった。
言うのがめんどくさくて
やめてしまったな。

とか。

あ、あの時はイライラして
感情に任せて言い過ぎたな

とか。

それで、なんでそうだったのか?

自分の思考、感情を振り返ってみる。

そして、次はちゃんと逃げずに伝えようとか。

次は、ちゃんと冷静に話しをしようとか。

そんな感じ。

振り返りをしなかったら
現在の自分を理解することはできません。

自分を知らないっていうことは
大いなる罪でございます。

その時の自分はベストな
選択ができたか?

その時の自分はベストな
行動ができたか?

を振り返ること。

そうすることで
自分への理解が深まります。

これはですよ。
中先生でさえも

毎日、毎日
夜寝る前にされいているそうですよ。

潜在意識と根源とつながっている
中先生でさえも
そうされているんですよ。

凡人の私たちはもっとせねば
なりますまい。

でもね。

どれがあかんかったかって
なかなか自分ではわからないし

変なところで
反省してズドーンって落ち込んで
そこからなかなか抜け出せない人も多々。

だと思います。

何を改善したらよくて、
何をそのままでいけばよいかは
客観的な視点で
自分以外の人に教えてもらうのが1番。

なんですよねぇ。

進化していくと
まずは
自分を好きになります。
人を好きになります。
世界を好きになります。

そして、自分が無限の可能性を持つ
1人の人間なのだとわかります。

そこからあなたは
あなたの人生を自由自在に
選択できますよ。

仕事もパートナーもよりどりみどり。

ぜひ、北浜秘密成功倶楽部会員にご入会してください。

中先生へいつでもメール相談可能ですよ。

 

 

北浜秘密成功倶楽部会員の
説明はこちらをご参考に。
北浜秘密成功倶楽部
会費は!!

入会金10,000円
月会費30,000円

のところですが

このブログの愛読者のあなたには

なんと
入会金 0円
月会費9,999円で

受け付けいたします。

ご入会をご希望の方はこちらから↓

当方よりすぐに返信いたします。

あまりにも殺到したら。
打ち切るかもしれません。

のでお早めに。

◎健康相談のご予約・ご質問はこちら↓

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

関連記事

この記事へのコメントはありません。