第34話 産まれてきた意味

第六感を磨き、第七感を得るにはどうすれば良いか?
について書きます。

私達は無限の世界からやって来ました。
無限とは?空の事であり神と呼ぶ事も出来ます。

無限とは?有限の世界ではありません。
無限が有限を造っているのです。

有限とは?陰陽、つまり天と地の事であり現象界の事です。

無限からやって来た我々は天の力の影響を受け、上から下に向かって育ちます。

一番最初に第七チャクラを創造するのです。

第七チャクラとは夢やビジョンを想像する想念のチャクラです。

次に第六チャクラを創造します。
第六チャクラとは物事を判断する、決断する、確定性のチャクラです。

夢やビジョンを実現するために物事を判断するのです。

第五チャクラは表現のチャクラです。
夢やビジョンを語り、決断した事を語り、何故そう決めたかを人に説明するチャクラです。

第四チャクラは感情、ハートチャクラです。
夢を、感情的に気持ちを人に伝える力です。

第三チャクラは知性のチャクラです。
夢を叶える為に勉強し情報を得るのです。

第二のチャクラは社交性、社会性のチャクラです。
人間関係を創り社会の為になろうとするチャクラです。

第一チャクラは性のチャクラです。
夢やビジョンを実現する為に、異性に関心を持ち、異性と交わり、子供を作り、家族を作り、夢やビジョンを実現しようとします。

人の成長は植物とは逆で天の力を受けて上から下に育ちます。
人間にとっての根っこは頭部で、天の力を頭部で受けて、体部が活動します。

植物は地の力を受けて下から上に育ちます。
植物は根っこから地の力を受けて、幹が出来、枝分かれし、葉がつき、花が咲き、種を育みます。

植物は地から、動物は天から、とりわけ直立二足歩行を獲得した人間は、陽性の天の力を受けて具体的、現実的な活動、行動を取ります。

この行動を決定付けているのが、人間が持つ感覚、つまりセンスなのです。

自分のセンスで服を選び、買い、着て、陽性な社会的に行動をします。

センス、感覚は陰性で地の力を受けて下から上に育ちます。

つまり、第一チャクラから育つのです。

第一のムーラダーラチャクラは触覚に当たります。

第二のスパニッシュターナチャクラは味覚に当たります。

第三のマニプーラチャクラは嗅覚に当たります。

第四のアナハタチャクラは聴覚に当たります。

第五のヴァシュダチャクラは視覚に当たります。

ここまでが五感です。

第六感を身につける為には、第六チャクラであるアジナーチャクラを開き、概念から解放されて、潜在意識の目、心の目、つまり第三の目を開く必要があります。

第七感を得るに至るには、ビジョンを見続け、夢に生きる必要があります。
第七チャクラである、サハスラーラチャクラを開かなくてはいけません。

いずれにしても、動物も植物も夢やビジョンを持って産まれ、生きているのです。

特に霊長類であり、知性を持つ人間は、地球の王者としての責任を全うする為の夢とビジョンを追い、実現させる為に生命を燃やさなければ、産まれた意味も、生きる意味もないのです。

夢の無い人生と言うのは死にながら生きるようなもので、夢の無い人は死にたくなるのです。

たとえ実現しそうになくとも、儚くも夢半ばで人生が終わろうとも、人は夢を追う生き物なのです。