アラフィフ、人生の選択

未分類

君の歩いてきた人生は酔っ払い人生や。
君は人生を棒に振ってきたビックリマーク

このまま行ったら
痴呆症のいじわるバアさんまっしぐらやビックリマーク

 

中先生は

この恐ろしいセリフを
驚くほどキッパリと
しかもとても穏やかに言いました。

はてなマークガーン
うそでしょうウソ

と、耳を疑いつつ
頭の中はざわざわと落ち着かず、
おしゃべりを始めました。

たしかに今までの人生
ふわふわと、その場その時を
面白おかしく過ごしてきました。

嫌なことを忘れるために

お酒ばっかり飲んで、たしかに
まさに酔っ払い人生、、当たってる。

でもそれなりに楽しかったし。
友達もパートナーもいたし。
お金だって、たくさんはないけど
贅沢しなければ生きて来れたし。
その他大勢の中の一人だけど
まぁ、そこそこの仕事。
そこそこの生活。

でも、人生50年を生きてきて
本当にこれが果たして
自分の送りたかった人生なのか?

と、振り返る日々

自由気まま、
自分のことばかり考えて生きてきて、
結婚もせず、子供も産まず
仕事も中途半端…
わたし何にもやってない‥

なーんにも残せていない。

 

その事実に愕然としました。

このまま、今の人生を生きるのか?
それとも、もう一つの人生
本来の自分の人生を生きるのか?
2つに1つや。
どっち?
どっち?

変わりたい。
現状に不満があって、
変えたくて相談に来た。
でも、無理。

私そんな覚悟してきていない。

人生舐めて、甘えてきた。
今さら人生再スタートなんて。
怖くて。
でも、このまま今の生活を続けるのも
しんどいし、先が見えないし。
心身ともに限界値。

…と、また頭の中では
ぺちゃくちゃおしゃべり。

なのに全く声が出ない。

鼓動はドキドキ

するとその緊張感を破るように

何対なんぼで
どっちが多い?
何パーセント対何パーセント?

 

 

と数値で表せと問われる先生。

そんなこと考えたこと無い、
というか
そんな考え方したことない‥(・・;)

今までの人生で変われるチャンスは
何度もあったはずや。
なのに、そのタイミングを逃してきたんや。

このチャンスを逃したら、次はいつ来るかわからんで。
明日かもしれないけど、
10年後かもしれない。
でももう、一生来ないかもしれないよ

ガーンガックリ

50の声を聞いた頃からなんとなく
自分が今まで歩いてきた道が見渡せてきて
そして
これから自分が歩むであろう道が
ぼんやりと、、見えてくる実感があったのですが、

いや、ぼんやりと、というのはきっとウソで
見たくない未来図をワザと見ないように
しているだけで
実際は想像はたやすいはずです。

先生に言われた
見たくもない人生の末路が。

 

そう、私は全て見ないふり

いろんなことからただ逃げてばかりの

人生を送ってきたんです。

でも、本心はそれでは嫌なのです。
本当はこんな人生歩むはずじゃなかった!

後悔するんです、きっと、死ぬ時に。
自分の人生はこんなはずじゃなかったって。

だから、
私の潜在意識が
先生に引き合わせたのだと思います。

その事がはっきり理解できたのは
もう少し後になってからでした。

 

そして、

私はありきたりの誰でもできる

派遣の仕事を辞めました。

 

なんとなくで20年以上一緒にいた

パートナーとも別れました。

 

そして、一人暮らしを始めました。

 

仕事なし。

パートナーなし。

お金なしサイフ

 

ないない尽くしの

新生活。

 

そこから、すぐに快進撃とはいきませんでしたが

たくさんのものを捨ててきました。

 

黒い洋服たち、こだわりの食器。

 

良い人でいたい気持ち。

人からどう思われてもいい。

どんな自分になっても、私は本当の

私で生きるんだ。

そこに至るまでにとても苦しい思いもしました。

 

しかし、全てを捨ててしまった今。

自分の人生に自分で責任を取ると決めた今。

本当に自分が必要なもの、人だけが

周りにあります。

私はホテルの地下に

アンティークのショップを

オープンしました。

とても素敵なお店で

かつて来ていた古ぼけた汚らしい

恰好をした自分とは

雲泥の差です。

 

あの日、どっちの人生を選ぼうか
悩んでいた自分からは
想像すらできない今を生きています。

人生をリセットすると決めた時から、
あれよあれよと転がるように
変化の波が訪れ、
その波に乗っていった結果が
今の自分です。

もう酔っ払い人生も
いじわるバアさんの未来も
私の辞書にはありません。

 

M.Mさんより

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

関連記事

この記事へのコメントはありません。