実体なんてない

中先生の教え

さてさてさて。

前回。

癒しのお話をしました。

真顔?

そうだったけ?

まぁ。
癒しの話をしたと言えばそうとも言うし。

潜在意識と顕在意識の話をしたとも言う。

同じ物事でも
受け取り方は人それぞれ。

みんな、自分のフィルターを通して
読んだり、聞いたり、理解しているんですね。

だから、
同じことを見ていても

ネガティブに受け取る人もいれば
ス―パーポジティブに受け取る人もいる。

真実って何だろうなって思います。

中先生がいつもおっしゃるのは。

真実なんてない。
実体なんてないんや。

般若心経の世界だそうです。

ざくっと言うとですよ。

私たちの肉体、感じること、思うこと、行うこと
認識するものに実体はない。

この世の形あるもの全てに実体がなく、
実体がないからこそあらゆる形を得ることができる。

これは人間の感覚についても同じである。

真実の世界では、目に見えるもの、
それによって感じたこと、
思ったことなどは全て存在せず、
それらの無知からくる悩みもない。

というようなことが書いてあります。

なぜそんなことが書いてあるってわかるかってはてなマーク

それはもちろん
中先生に教えていただいたからです。

つまりですよ。

私は非人情な人間です。

とか。

あなたはブサイクなオンナです。

とか。

彼女はめっちゃミスばっかりします。

とか。

それもこれもぜーんぶ。
まぼろし~な訳です。

えぇぇびっくり

そんなこと言ったって。
あの人、超絶、冷たいじゃないですか!?

そんなこと言ったって。
どう考えたって美人とは言えない。

そんなこと言ったって。
あの仕事のトロさはないでしょう!?

とか

まあ。
人間社会ではそうなのかもしれません。

だけど。

どれをとっても、
自分という枠の中からみた
こだわりなんです。

私のこだわりで
こんなインテリアにしました。

なんかさぁ。
ちょっとオシャレっぽく聞こえて
なんだか憧れる。

こだわりっていいように聞こえますが
ある意味
それが仇になって
あなたが潜在意識で生きていくための
最も邪魔になるアイテムの一つです。

つまり、前回のブログで書いたように
自分の中の二人の自分が
まだ分離している状態なんですね。

2人の自分がいるからって、
掃除を分担できるし、
お給料は倍になるし、
めっちゃ楽ですよやれやれ
ではないんですね。

残念ながらなると

それとは逆で

2人の自分の意見が真逆で
どっちの自分の思うとおりに

動いていいかわからず
右往左往。

とにかく疲れます。

疲労困憊。

そして、いつしか

やる気がなくなり、無気力、無関心、無責任。

そんな状態になっていくんですね。

そうなってしまったら。
もう自分ではどうにもこうにも
動けない状態。

おそらくは
このブログを読んでいる方の
多くは今、そんな状態ではないかと思うんです。

そこから抜け出すには。

まずは自分の中の2人の自分を理解すること。
そして、その2人の自分を仲良くさせること。

それをするだけで、
あなたの悩みの99パーセントくらいは
解決していきます。

チェックにっちもさっちもいかない方。
チェックドン詰まりの方。

こそ、中先生に会っていただくことを
お勧めします。

大どんでん返しは。

いつでもどこでも誰でもその気さえあれば
できますよ。

だけど

他力本願だけは。
だめですバツ

あ、それだけじゃなかった。

人のせい、環境のせいもダメですバツ

自分が自分の面倒を見る。
って決めないと。

ダメなんですねぇバツ

具体的に、あなたがどうやって
2人の自分を理解し、仲良くさせていくには
中先生の助けが必要です。

そして、そんな自分がいるってことを
ジャッジをいれず見てくれる人が多ければ多いほど
あなたはそうなっていきます。

そんな環境作り、自分作りしませんか?

何と言ってもそれができたら

はっきりと
あなたの今持っている悩みはほとんどが

ま・ぼ・ろ・し~

だとわかって悩みが消えていきますよ。

 

 

北浜秘密成功倶楽部会員の
説明はこちらをご参考に。
北浜秘密成功倶楽部
会費は!!

入会金10,000円
月会費30,000円

のところですが

このブログの愛読者のあなたには

なんと
入会金 0円
月会費9,999円で

受け付けいたします。

ご入会をご希望の方はこちらから↓

当方よりすぐに返信いたします。

あまりにも殺到したら。
打ち切るかもしれません。

のでお早めに。

◎健康相談のご予約・ご質問はこちら↓

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

関連記事

この記事へのコメントはありません。