人の体が透けて見える

体験談

私はかつて看護師をしていました。

看護学生の頃
人を癒したいという気持ちも

それなりにありましたが、

なにより、臓器の話が面白くて面白くて

たまりませんでした。

実際、現場で働いている先生が授業してくれるので、

体験談も交えながらでとっても楽しい。
人の体ってなんて面白いんだろう!

肝臓ってなんて働き者でいいやつなんだ!!
人の体の働きって素晴らしい。

と目をキラキラキラキラ2輝かせながら、

授業を聞いていました。

 

学校の中でも変わった看護学生だったと思います。

解剖生理学が一番好きだったんです。
しかし、看護学校なので、看護師に必要な、

看護総論とか。

看護ケアの授業とか。

シーツ交換のやり方とか。

注射の練習とか。

オムツ交換とか。

やがてそっちがメインになっていきます。

 

つまらないカオ

面白くない。

今振り返っても、どんな授業だったか

あまり内容が思い出せない。
一方。

 

脈の取り方。

注射の仕方。

呼吸音、心音聴取の練習。

 

こっちは鮮明に覚えています。

先生が説明してくれていた一言一句

覚えてると言っても過言ではありません。

そうなんです。

 

私、人体オタクなんです*・∀・*!!

看護師になってからも、

実際の病院勤務だけでは飽き足らず
もっと人の体のことを知りたいと思い、

西洋医学だけでなく、東洋医学やアロマセラピーアロマオイルなど

いろんなジャンルのことを勉強sao☆しました。

体と心の関係の深さを知り、
西洋医学だけでは人の体は治せないと

看護師をしている自分に違和感を感じ始め、

自宅サロンをひらいてセラピストとして活動していました。

しかし、ある時セラピストの仕事をしすぎて腰痛になり、

座れなくなりました。

 

正座ができなくなったのです。

 

マッサージに行ったり、半身浴したり、

整体に通ったりありとあらゆる方法を試しましたが

良くなりませんでした。
私の体、どうなってるんだろう。。。

そんな時、中先生の健康相談を受けました。

優しいほほ笑みで私の話を聞いてくれました。
話を聞いた後、望診、脈診で私の今の体の状態、

それを改善するために食べたらよいものを教えてくれました。

君は、脾臓の経絡が詰まっているんやで。

子宮、膣が固くなって閉ざしているや。

だからスムーズに男性を

受け入れられないんや。

君は癒しを与える人で、どんどん

与える人なんや。

 

だから癒されたい男性が

寄ってくる。

 

君に甘えてきて

どんどん君は甘えられなくなる。

あんまり男性を甘えさせてはいけないよ。

君を甘やかせてくれる人と付き合った方がいい。

 

そうすると君はもっと安心できて

幸福感に包まれて

脾臓の経絡の通りがよくなってくるんや。

 

結果、腰の問題が改善されるんだよ。

 

君は、人を癒すことを仕事にするのが

使命やと思うけど

 

プライベートでは男性に癒してもらう必要があるんや。

 

それはお父さんでもお兄さんでも彼でもいいんやけど、

たぶんお父さんやお兄さんでつまずいてて

そのつまずきから自分が作るべき男性との

関係が作れてないんや。

 

自分をもっと大事にせなあかん。

そんな自分のことを好きにならないとね。

そんな自分にあった男性との関係を作って、

そんな自分の特性を知って、

自分の運命を切り開くような考え方を持たないとね
 

と言われました。

そんなことが私の腰痛と関係があったとは!!!!

それがわかったらすべてがうまくいくよ。

とのこと。

脾臓の経絡が詰まっている原因が

甘えられないことだとは思いもよりませんでした。

私、人に頼るのがすごく苦手だったんです。

中先生から言われた言葉は思いもよら無いことばかり。
すごく面白い!!

この先生はすごい。

 

人の体を知り尽くしている。

 

どんなすごいと言われるお医者さんや治療院の先生から

聞いたことのない話ばかりだ!!

と私の人体オタクの心に火炎が付きました。

家に帰ってから、先生の健康相談で聞いた言葉を

すごい勢いで書き留めました。

先生の言葉が一言一句思い出されるのです。
今でも。

 

どんな表情で、どんな風に話したのか鮮明に思い出せるんです。

先生に言われた通りに食事を変えたら、

体がとてもスッキリして、軽くなり、腰痛がすぐ良くなったんです!!

うわぁぁぁぁぁぁぁびっくり

これはすごい!!その変わりように感動しました。

私がやりたかったことはこれだビックリマーク

と思いました。

 

こんなことを私は求めていたんだ。

中先生の膨大な経験と知識

それらすべてに憧れ、これを私もやりたい!
こんな風に自分も人を助けたい!

将来は中先生のようにマクロビオティックの視点から物をみて、

バランスを取る方法をアドバイスできる人になりたいと虹

ずっと私が求めていたことでした。
中先生は時には厳しい言葉と聞こえることを

言う時もあります。
でもそれは嘘がないからです。

その人の為になると思ったら躊躇なく伝えます。
はっきり言わずに問題から目をそらせていては、

何も解決しなくて、問題に直面させないと真の理解にいかないんです。

時に怒りを買います怒
トラブルにもなりかねません。

病院の先生は、訴訟をおそれて、

患者さんのご機嫌をとったり、

身を守るためになんでもかんでも同意書が必要になります。

または、患者さんは先生を頼るしかないのをいいことに、

最低限の説明だけで、患者さんが話したそうにしても適当に話をあしらい、

必要以上にかかわろうとしない

中先生はそんな先生たちとは全く違いました。

素晴らしい先生ももちろんいましたが、

中先生ほど自分の為ではなく、人の為、

世の中のために本気で尽くしている人はいませんでした。

地位や名誉、お金とか名を残したいとか何にも執着していなくて

 

今、この瞬間に命を懸けて全力で生きていました。
次の瞬間死んでもいいと思っている。

中先生は言います。

僕は自分の使命をただ全うしているだけです。

 

だから、誰もそれを継ぐ弟子がいませんでした。

このノウハウ・知識がなくなってしまうのは

絶対この世のためにならない。
だから人体オタクのこの私がこれを引き継ぎたい気分上々♥
この技術を私は会得したい。
それが私の使命であり、やりたいことだ。

そう思いました。

中先生の頭で考えるのではなく感覚的な指導を、

この世の中のために私が引継ぎやっていく!と決めました。

私のサロンのお客様の体調で

どうしても分からなくて手に負えない方には

中先生のカウンセリングを受けてもらいました。
先生にお願いして、そこにアシスタントとして同席させてもらいました。

私は子宮、膣を閉ざし、

自分の女性性をないがしろにしていたという

性の悩みに直面していました。
セ ックスに否定的で、自分の子宮や膣をまるで他人のもの

みたいに扱っていたこと。

 

同じような悩みを抱えるお客様が多くいて

そんなお客様の気持ちがよくわかり

同調して仲良くなってしまうと

性器ヘルペスが再燃することがありました。
お金をちゃんと貰って先生と患者さんと言う関係を

しっかり保ち、患者さんを甘やかさない。
 

自分のことは一旦置いといて

厳しいスタンスでいるべき。
 

それと、施術で癒す時はヒーラーとしての

優しい、癒しの人でいたら良い。
そのメリハリが必要で、そのバランスを取るのが下手なんだよ。
君はビックリマーク

 

 

カウンセリングをしていると

お客様のエゴと自分のエゴが同調し

エゴが自己主張してきてまだまだ

ブレてしまうことがありました。

 

そんな時に、体が不調を訴えるのです。
しかし中先生の健康相談によって

お客様の悩み、問題が次々と陰陽で解き明かされていく。

そして、お客様がみるみるうちに元気に

別人のようにきれいになっていきました。

 

と同時に私自身のその問題も

いつしか気にならなくなりました。

 

 

 

毎回、そういうことだったのか!!

驚きの連続のカウンセリングに

感動するばかり。

 

そして、そのノウハウ・知識を吸収しながら

自分の問題も客観的に見ることが出来て、やがて解決していきました。

そして、今

 

サロンで施術をしながら
中先生と同じように健康相談をしています。

 

その時から

少しずつ、人の体が透けて見えるようになりました。

 

その人の問題点、ひっかかっている部分。

面白いように人体は私に

語り掛けてくれるのです。

 

そして、その人が

私のところに来て、

健康で美しく本来の姿にもどっていく

過程を見ることが

私の何よりの喜びです。

 

人体の神秘には知っても知っても

まだまだ知らないことがある。

 

目の前のお客様の変化に

看護学生の時と同じくらい

いえ

それ以上に

毎日感動しているのです。

 

自分の使命に気付かせていただき

中先生には本当に感謝しかありません。

 

H.Sさんより

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

関連記事

この記事へのコメントはありません。