私のがん、父のがん、母のがん その2

体験談

このままの食生活してたら

君、死ぬで。

わたしが中先生に初めて言われた
ショッキングな一言ですガックリ

この日、私は中先生というすごい先生に
会います。

私は、そんなすごーい先生だとも
思わず、
その当時先生のスタッフをされていた
方に薦められて

無料のグループカウンセリングに
参加していました。

マクロビオティックを知って
まだ約2週間程度だったと思います。

基礎を教えてもらうお料理教室に
たった2回だけ参加したことがあるのみ。

まだ、他人に大腸がんになったことを
恥ずかしいと思って言えなかったため
カウンセリングのアンケート用紙には
「大腸ポリープになった」ことと
それを改善したいということを書きました。

その用紙を片手に中先生の前に座りました。

じーーーっ目

顔をジロジロ見られます。

後になって知るのですが
これが望診というものです。

顔に出ている内臓の状態を
読み取っていたのですね。

君の大腸ポリープは
油が原因や。
油脂。

チョコレート好きやったやろ。
あとはバナナとかパイナップルとか
南国のフルーツ。

それから揚げ物。

なんでわかるんでしょう??

大腸がんになる前の約1年間
仕事が忙しすぎてあまりのストレスで
毎日会社帰りにチョコレートを
1枚帰宅する電車の中でペロリと
食べていました。

 

さらに追い打ちで

君な、
黒目が上に上がってて、
下三白になってるわ。

それは死相が出てる。
このままやったら、
消化器官がやられてクローン病になって
死んでしまうで。

騙されたと思って、
僕の言う食事やってみ。

私はこの時、
かなりショックでしたガーン
なんでわかったんだろうはてな
私ががんだっていうこと。

ということでした。

その日帰ってすぐにクローン病というのが
どんな病気なのかをネットで調べましたぱそこん。

思い当たるところ満載。

ひえぇ汗

私、死にたくない!!

やりたいことまだまだあるもん。
(この時に何が本当にやりたいかは
今思うと全然わかってなかったのですが)

そこからは、超真面目。

チョコレートはもちろんのこと。
一切の市販のお菓子は食べない。

揚げ物は食べない。

食べるのは、玄米・お野菜。

そして、アドバイスされた
お手当てである
切干大根茶を毎日飲む。

そしたら、なんとなんと。
体重が半年くらいで10キロくらい減りました。

体は軽くなり、太って着られなかった洋服が
らくらく着られるようになって。

マクロビオティックってすごい。
マクロビオティックっておもしろい。

そんな風に毎日が過ぎていきました。

私の変化の第一段階。

体は食べ物でできている。
そして、食べ物で病気は治る。

そう気付いた時でした。

たぶん、やさしく言われただけだったら
怠け者の私は、マクロビオティックをやらなかったと
思います。

あれだけがつーん
ほんとにハンマーで頭を殴られたような衝撃。

今思うと、
中先生には見えていたのですよね。

私の内臓だけでなく、
私の本当のわたしの気持ちが。
それを見越してのアドバイス。

恐れ入りますおじぎ

あの言葉がなかったら、
今ごろは、父と母と同じく
がんで死んでいたでしょう。
恐ろしい話です。

本当にあの一言。
今更ながらに感謝です。

あの時はすぐにそうは思えなかったけど。

まずは一命をとりとめた出来事でした。

 

S.Sさんより

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

関連記事

この記事へのコメントはありません。