食物アレルギーで生まれた私の未来 その1

体験談

私は、食物アレルギーとアトピーを持って生まれてきました。
卵と乳製品はかなりの重度で、

学校給食でも常に「除去」。
みんなが給食で当たり前のように飲んでいた牛乳も

私は一度も飲んだことがありませんでした。
周りの友達がワイワイ楽しく食べているケーキ🍰、

チョコレート🍫、ハンバーガー🍔、ピザ🍕・・・
ずっと私は「みんな、食べれていーなー。羨ましいなー。私もいつか食べたいな✨

そんな心の声がグルグルぐるぐる・・・。
心の中はいつもひとりぼっちで泣いていました(◞‸◟)💦

そんな私は、大学進学を決める時、

管理栄養士の道を選びました。

 

管理栄養士になれば、私と同じように

食物アレルギー・アトピーで悩んでいる人の役に立てるはず!
食物アレルギーの除去食も、

大学でしっかり学べば、自分自身の健康管理にだって活かせる。
そんな思いで大学へ通い、無事に管理栄養士の資格も取得できました。

大学を卒業してからは、大手企業の委託給食会社へ就職。
そこでは、30件以上の事業所の社員食堂の

献立作成を、担当していました。
さらに、事業所向けに食物アレルギー対策マニュアルの

冊子作成も任され、全事業所へその冊子が渡るという

大きな仕事も任されました。

そんな社会人生活を送りながら、

ある時本屋で見つけたお菓子の本をきっかけに、

” マクロビオティック ” というものを知りました。
本のタイトルには、

「卵・乳製品・白砂糖を使わない」

と、でかでか書かれていました。
もう、私はその本に釘付け😍!
即、その本を購入。
そこからマクロビオティックの魅力に惹かれ、

ついには正食協会とリマクックングスクールへ、

新幹線で通うようになりました。

そこでは、玄米を主食とした菜食料理の数々を学びました。
家に帰ってからも毎日のようにマクロビオティックの食事を実践。

また、暇があればオーガニックカフェ巡りをしたり、

オーガニックイベントがあれば、卵・乳製品・白砂糖を

使わないお菓子を作り、出店。
さらには非営利団体が開催している食物アレルギーの

勉強会にも参加。

のちにボランティアスタッフとして一緒に活動するようになりました。

食物アレルギー・アトピーの知識はどんどん増え。
マクロビオティックの知識もどんどん増え。
しかし、相変わらず私の食物アレルギー、アトピーの症状は

それ以前とは何も変わっていませんでした。

そうこうしているうちに、気づけば体に大きな変化が!
・・・❗❗❗
なんと、体重が28kgまで落ちていたのです。
肉は全くなくなっていて、ミイラのような体型😱!
(ちなみに、身長は155cmです。)
玄米を毎日食べていたせいか、体はむしろ頑丈

になっていて、以前より体力には自信がありました💪
けれど、会社へ行っても、ボランティア活動に出向いても、

周りからは常に心配されるようになっていったのです。

ようやく、自分でも事の深刻さに気づきました。

そこで、かつて正食協会やリマクッキングスクールへ

通っていた時に聞いたことがあったある言葉。
「マクロビオティックの健康相談で、かなりすごい腕を持つ

“中 広行先生” という人がいる。」

この言葉をその瞬間に思い出したのです。

思い切って、一度その先生に相談しよう❗
生理も来なくなったし、このままだったら私、

ひょっとして危ないかも💦

ということで、中先生に会うことになったのです。
とても緊張しました。
どんな先生かな。

なんて言われるかな。

うまく話せるかな・・・。

そして、いよいよ先生とご対面!
「どうも、こんにちは! よく来てくれたね。」
私の緊張は少し和らぎました。
と言っても、やはりすごい存在感で、圧倒されました。

そして、私は記入していた問診票を渡しました。
そこには、
・生まれつきの食物アレルギー(卵・乳製品)、アトピー
・生理不順(今は止まっている)
・摂食障害
と書きました。

先生は、問診票を見てから、

今度は私の顔をじーっと見ました。

ドキドキドキドキ・・・・・

そして一言。

安心しぃ。君の食物アレルギーは必ず治るから。

アトピーも、生理不順も、摂食障害も全部治るから。

・・・えおねがい

予想もしていなかった先生の言葉に

一瞬頭が真っ白になりました。
なぜなら、これまで通っていた病院の先生からは
「あなたの食物アレルギーとアトピーは重度でね、

一生治らないことも覚悟しておいたほうが良いよ。」と言われていたからです。

中先生のその言葉、本当に、本当に嬉しかったんです!!

小麦粉、砂糖、油、乳製品は一切とらないこと。

まあ、君は乳製品アレルギーなら乳製品はどっちみち摂って来てないし、良かったね。

と言われた覚えがあります。
けれど、私にはそんな食事指導の話は

もう右から左へと流れていき・・・、
頭に残って、ずっと繰り返されていた言葉は
「君の食物アレルギーは必ず治るから。」

という言葉だけでした。

そして、中先生はこんなことも仰いました。

君が良くなるにはね。
お母さんにも一緒に聞いてもらって、

お母さんも良く理解した方が良いよ。
別に、お母さんが悪いと言うのではなくてね。
だから、今度はお母さんと一緒においで。

「なんでお母さんと一緒に来た方が良いんですか?」
とっさに私は聞いてしまいました。

それはね、君の生まれつきのアレルギーが卵と乳製品だからだよ。

と、意味深に笑いながら言われたのを覚えています。

その時の私は、ワケがわからなかったのですが、

「わかりました。ぜひ次はお母さんと来ます。」
と、とっさに口から出ていました。

ここから私の人生は転換し始めます。
のちに、
・生まれつきの食物アレルギー(卵・乳製品)、アトピー
・生理不順(今は止まっている)
・摂食障害
これら全てが治って行くのです・・・。

 

続く。

 

M.Yさんより

 

ブログランキングに参加しています。

あなたのそのクリックが

世界中の幸せに繋がります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

関連記事

この記事へのコメントはありません。